thumb

残業は本当に減っていますか? アウトソーシングで「しわ寄せ残業」を減らす

働き方改革によって、定時で帰宅できるようになったり、有給をしっかりと消化できるようになったりした人も多いようです。しかし一方では、働き方改革によって隠れた残業が増えた人もいます。 今回は、新しい残業「しわ寄せ残業」と解決方法についてお話しします。
thumb

・働き方改革の「しわ寄せ残業」は増えている!?

働き方改革によって人事部は定時帰宅を促したり、有給休暇を消化するように声をかけたりしているのではないでしょうか。働き方改革は、子育てや介護と仕事の両立をしている人にとって、とてもいい改革なのかもしれません。しかし、実は働き方改革によって以前よりも業務量が増えている人たちがいます。それは中間管理職と呼ばれている人たちです。中間管理職の人たちは、部下の勤務時間を管理しつつ、業務が滞らないように全体の管理もしなければなりません。業務量が以前と変わらない状況で、部下を定時帰宅させ、かつ有給休暇もしっかり消化させるためには、自分が業務を引き受けざるを得なくなってしまうのです。「しわ寄せ残業」とも呼ばれる残業は、オフィスで堂々と残業をするのではなく、自宅やオフィス外で誰にも気づかれることなく行われる傾向があります。
thumb

・しわ寄せ残業を減らすためには業務削減が必須

しわ寄せ残業を減らすためには、人手を増やすか業務量を減らすかの二択しかありません。人手を増やすことは簡単ではありません。たとえ、人員が増えても即戦力で働ける人は少なく、一人前になるまでには相当の時間と労力が必要です。さらにここ数年は、リモートワークが求められ、直接業務を引き継ぐことも難しくなっています。そうなると、残された方法は業務量の削減です。しわ寄せ残業は、長く続けば大きな負担になります。ひとりで多くの業務を背負い込むことは、本人にとっても会社にとっても大きなリスクです。業務削減をすることは、業務の見直しにもつながり、大きな目でみると会社のためにもなるのではないでしょうか。 働き方改革は、働き方に注目が集まります。しかし、働き方だけを変えても、減った勤務時間をだれかが被ることになります。本当の働き方改革は、働き方と同時に業務の見直しが必要です。
thumb

・アウトソーシングでしわ寄せ残業をなくす

業務量を減らすためには、業務をアウトソーシングする方法があります。アウトソーシングならば人を雇う必要もありません。業務削減にアウトソーシングを利用するメリットは、タスクをなくせることです。人を雇ったり業務のやり方を変えたりするだけでは、負担は軽くなってもタスクをなくすことはできません。タスクは「やらなければならないこと」です。タスクが残っている限りしわ寄せ残業に悩んだ中間管理職の人たちは「あれはどうなった」「次はだれに頼もうか」と気にしなければなりません。アウトソーシングは、業務をまるごと外注するためタスクがなくなるのです。 外注に出された業務は、アウトソーシングされた業者が期日までに責任をもって遂行します。アウトソーシングには、しわ寄せ残業をなくすだけでなく、管理する心理的負担も軽くするメリットがあります。
thumb

・おわりに

働き方が急激に変化する中で、メリットを感じている人もいれば逆に負担が大きくなっている人もいるようです。アウトソーシングはタスクを減らすのではなく、なくすことができます。しわ寄せ残業の解決手段としてアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。
thumb 株式会社イーアールエー

データ入力代行サービスなら東京都の【株式会社イーアールエー】にお任せ!

データ入力代行サービスを依頼したい方はぜひ【株式会社イーアールエー】までお問い合わせください。東京都、神奈川県にセンターを構える【株式会社イーアールエー】では、様々なタイプのアウトソーシングサービスを承っております。 お客様からお預かりしたデータは、法律を順守し、厳重に管理いたしますので安心してお任せください。 多くの企業様から好評を得ており、リピート率が高いのも【株式会社イーアールエー】の特徴です。 案件内容の大小にかかわらずご依頼いただけますので、まずは一度ご相談ください。 東京・神奈川のデータ入力代行サービスならイーアールエー
Access
神奈川県相模原市南区相模大野3-14-16 第一足立ビル4階
お電話はお気軽に
042-702-9372