thumb

データ入力のアウトソーシングによくある2つの迷いにスッキリ答えます

手書きのアンケートや紙資料をデータ化するデータ入力はアウトソーシングが便利です。データ入力のアウトソーシング需要が増え、それらを請け負う業者も増えています。今回は、データ入力をアウトソーシングする際によくある2つの疑問と迷いにスッキリと答えます。
thumb

・オペレーターがたくさんいる業者を選ぶべきか

データ入力をアウトソーシングすると、請け負った業者はオペレーターを使って業務を分担します。業者によって抱えているオペレーターの数は違います。業者のホームページをのぞいてみると「驚異のオペレーター数」「全国にいるオペレーターを動員」のようにオペレーターの多さを強調する言葉が並んでいます。大量のデータ入力をアウトソーシングするならば、たくさんのオペレーターを抱えている業者を選ぶべきか迷うのではないでしょうか。 結論は「オペレーターの数と稼働人数は比例しない」です。たとえ大勢のオペレーターを抱えていたとしても、すべてのオペレーターをひとつの業務に専念させることはないでしょう。業者は、請け負った業務内容に応じた人数やオペレーターを選び配置します。ポイントは抱えている人数ではなく、業務に配置される人とスキルです。 業者を選ぶときには、オペレーターの数よりも業者の実績と信頼性を重視することをおすすめします。なぜならば、アウトソーシングは納品物がすべてだからです。オペレーターの数が多くても、納品されたデータの質が悪かったり、管理に不安を感じたりするようでは困るからです。
thumb

・入力するものの種類が同じならば料金が安い業者を選ぶべきか

データ入力の種類は、アンケート入力や名刺入力、インターネットからの情報入力などです。種類によって料金は変わります。アウトソーシングする業者を選ぶとき、料金は大切な比較ポイントです。例えば「名刺入力」で料金を比べるならば、安い業者のほうがいいと思うかもしれません。 料金を比べるときにはポイントがあります。とくに名刺のデータ入力のようにたくさんの入力項目がある場合は「データ入力の種類」だけで比較しないようにしましょう。例えばA社は名刺入力の基本料金が15円、B社は20円ならばA社のほうが安いようにみえます。しかし「基本料金」の中身にちがいがあることが多いのです。A社は氏名と住所と電話番号が基本料金に含まれ、B社は氏名と住所と電話番号に加えて、メールアドレスが含まれるとしたらどうでしょうか。基本料金を安く設定している場合、その他の項目はオプションとされ、割高になることがあります。名刺には、メールアドレスのほかにもフリガナや肩書もあります。料金を比較するときには、データ入力に必要な項目を洗い出し、総合的に考えることが大切です。
thumb

・おわりに

アウトソーシングは、大切な業務の一部を社外にだすことです。業者のホームページには、耳に心地よい言葉がたくさん並び、迷うことがたくさんあるかもしれません。迷ったときには、担当者と直接話すことをおすすめします。アウトソーシングの満足度は、料金や人数のように数字化できる部分ではなく、対応や姿勢が大きいのではないでしょうか。大切な業務を迷いなく任せられる業者を選ぶことが、アウトソーシングを成功させる最大のポイントです。
thumb 株式会社イーアールエー

データ入力代行サービスなら東京都の【株式会社イーアールエー】にお任せ!

データ入力代行サービスを依頼したい方はぜひ【株式会社イーアールエー】までお問い合わせください。東京都、神奈川県にセンターを構える【株式会社イーアールエー】では、様々なタイプのアウトソーシングサービスを承っております。 お客様からお預かりしたデータは、法律を順守し、厳重に管理いたしますので安心してお任せください。 多くの企業様から好評を得ており、リピート率が高いのも【株式会社イーアールエー】の特徴です。 案件内容の大小にかかわらずご依頼いただけますので、まずは一度ご相談ください。 東京・神奈川のデータ入力代行サービスならイーアールエー
Access
神奈川県相模原市南区相模大野3-14-16 第一足立ビル4階
お電話はお気軽に
042-702-9372